「がんばる夏休み」宿題について   



えんぴつ塾では、夏休みは、
通常授業の宿題(これは、授業でやったことを定着させるために必要な宿題)
と、
「がんばる夏休み」宿題を出します。

5年生も、6年生も、
量が多くて大変です。でも、がんばってもらいましょう。

少し話が飛びますが、
上中学に進学後、きちんと内申点を上げていきたいと思ったとき、一番大事なのが、
「提出物をきちんとする」ということです。

すでに上中にお子さんを通学させていらっしゃる方は、重々ご承知と思いますが、
学力をつけることももちろん大切ですが、
定期試験の点数と、内申点(通知表の評価)は、少し違います。

定期試験の点数が同じでも、
通知表の評価がよい子・点数とおりの子・点数に比してあまりよくない子にわかれていきます。

だから
塾では、日ごろの宿題でも、夏・冬・春休みの「がんばる宿題」でも、
中学生になってからきちんと評価される子になれるよう、
宿題指導(宿題を記録したか、きちんとしてきたか、など)にも力を入れています。

5年生も6年生も、まだ、
おうちのかたのお声かけ(ちゃんと今日する予定をしっかり守れたか、など、)がいります。
特に、「がんばる夏休み」宿題は、大変です。

ただ、おうちのかたの協力を得ながらでも、なんとかきっちり締め切りを守った子は、
今のところ、卒業生も含め全員、
中学に上がってからの定期試験前の提出物や、
夏・冬の中学校の大量の宿題をいい加減にすることはありませんでした。
そして、「学習意欲・関心」をしっかり評価してもらっています。


算数宿題は工夫しています。

算数:5年・6年とも、使用テキストは、前の学年のテキストです。

「5年生に「4年の算数」の宿題?」
「6年生に「5年の算数」の宿題?」と驚かれるかたも多いですが、

もちろん、今の学年の1学期の算数は通常授業でしっかり復習します。
ご安心ください。
前の学年の算数を徹底的に復習する利点は以下のとおりです。

  ○ 小学生は、前の学年の算数なんて(もう習っているから)簡単と思っているので、
     前の学年の算数なら、宿題に取り掛かるハードルが低い!

        ↑取り掛かりのハードルが低いのは、自分で勉強する習慣をつけるときにとても重要)

    ○ 本人は、上のように「前の学年の算数なんて」と思っているけど、
         基本問題はともかく、応用問題はかなり頭を使います。

       ↑2学期以降確実に、今の学年の算数の理解が早くなります・計算等の作業が速く正確になります。)

    ○ 弱音を吐いても、
       「へ?それ、4年生の問題ですけど?」
       (6年生には、「へ?それ、5年生の問題ですけど?」)ですますことができます。

      ↑前の学年の算数であるという時点で、
     「習ってない」とか、「難しい」とかの言い訳を封じることができます。)

     ○ 夏休み明けには、
         前の学年の算数でもすごい難しかったとか、ちょっと大変だったという、感想を抱きます。

         ↑わからなければわかるところまで戻って勉強するということを
       当たり前にうけいれられる、柔軟な学習姿勢をつくるのに重要です。
       そして、この「わかるところまで戻って勉強するという」学習姿勢は、
    将来、近ければ中学で、非常に役立つはずです。


「がんばる夏休み」宿題内容(2019年度)は、以下のとおりです。

算数:
受験研究社 特訓ドリル「算数」全ページ・
(一度提出して塾で○×します。直しをして再提出、全部直せればOK、を全ページ)
*家では直せなかった分については、
8月の通常授業の算数時間に「直しタイム」を設けてフォローはします。
ただし、フォローするのは最初の1回目の問題提出をしっかりしたページのみ。

英語:
6年生 小学生の英会話(学研)(通常授業使用テキスト) の全文暗記(日本語を見て英語で書けるよう暗記)

国語:
6年生 受験研究社 特訓ドリル「読解力」60ページ
5年生 学研プラス 早ね早おき朝5分ドリル 文章読解 謎解き編 全ページ

夏休みは、なんで夏休みか?というと、
暑いから。暑くて勉強なんてしてられないから。

でも、朝のなるべく涼しいうちに勉強時間をスタートさせて、
おうちの学習を充実させましょう。                          戻る